看護師の資格取得について

看護師が職場で十分に活躍をしたいと考えた時、どうしても新たな資格取得が必要になる事があるでしょう。最近は看護師にも専門性が求められるようになり、資格が無ければ転職が難しい分野も出て来ました。看護師資格だけで満足する事無く、新しい知識や技術をどんどん学んで行かなくてはならないのです。

看護師の関連資格と言えば認定看護師と専門看護師がまず最初に思い浮かぶでしょう。日本看護協会が認定する認定資格と専門資格は看護師に最も多く取得されている資格です。しかし看護師の仕事に役立てられる資格には、まだまだ様々なものがあります。

例えば移植コーディネーターや血管診察技師といった資格から、介護や福祉で役立てられるケアマネージャーや福祉住環境コーディネーター、少し変わった所ではストッキングコーディネーターといった資格もあります。

新たな資格を取得する事で視野が広がり、携わる仕事への理解が深まります。資格取得は大変ではありますが、看護師として満足出来る仕事をしたいなら積極的に取って行くべきでしょうね。