治験で活躍をするなら認定CRCの取得を

最近は治験業界で活躍をする治験コーディネーター(CRC)への転職も看護師に人気が高いです。このCRCとして働く上でお薦めなのが日本臨床薬理学会が認定するCRCの資格です。

CRCへの転職を考えている看護師は、CRCとして働くのに特別な資格がいらない事はご存知でしょう。実は医療関係の資格すら必要がありませんが、しかし実際には看護師や薬剤師、検査技師等の資格・経験が無ければ勤めるのが難しいと言われる仕事です。更に言えば治験の調整役として活躍をする為の専門的な知識も必要となって来ます。

このCRCの専門的知識を持っている事を証明するのが認定CRCです。「CRCの実務経験2年以上」等の条件を満たした方は是非認定試験を受けられると良いでしょう。CRCはスキルアップを求められる職業ですから認定資格は必ず役に立つ事と思います。

また治験業界では業績によってどんどん年収アップが望めるのが大きな魅力でもあります。認定CRCは年収アップにも必要不可欠ですから、高収入を目指す方には必須の資格になるでしょうね。