ケアマネージャーの資格について

看護師に人気の資格に通称ケアマネージャーとして知られる介護支援専門員の資格があります。介護保険施設やグループホーム、訪問看護の分野への転職を考える方にお薦めの資格ですが、病院看護師でも取得される方は多いですね。

このケアマネージャーの役割は、介護保険法で要支援・要介護の認定を受けた方の良き相談役となる事です。本人と家族が必要とする支援を理解し、必要な介護サービスと介護保険を利用出来るように手配します。また定期的に利用状況を評価し、必要に応じてケアプランを見直して再プランニングしていくのが仕事になります。

看護師とケアマネージャーは異なる性質を持つ資格ですが、高齢患者では看護の先には必ずと言って良いくらい介護支援が必要です。看護師としてケアマネージャーの資格を持つ事は決して無駄ではなく、仕事の中で上手に活かしていく事が可能です。また看護の面からケアプランを作成出来るケアマネージャーの存在も注目されていて、看護師からケアマネージャーへの転職を果たす方もいらっしゃいます。